【中日对照】走进日本——福井県

时间:浏览:19089

福井県

1881(明治14)年に越前、若狭を行政区画として設置し、現在の福井県が誕生  。越前の山並みと若狭の美しく清らかな水に恵まれた地  。日本海沿岸の中央に位置し、東北、北陸から京に通ずる要衝の地として発展  。良質米の産地でもあり、工業では、合繊織物を中心に国内シェア9割を占める眼鏡枠などの地場産業が発達 。日本最大の原子力発電所立地地域で、関西経済圏へのエネルギー供給基地  。

译文 

1881(明治14)年  ,将越前  ,若狭作为行政区划进行设置  ,诞生了现在的福井县 。越前山脉相连  ,若狭水流清澈美丽  。位于日本海沿岸的中央部位  ,作为从东北、北陆进京的要道发展而来 。福井是优质大米的产地  ,工业上以和纤织物为中心  ,占国内90%份额的眼镜框等本地产业十分发达  。是日本最大原子能发电所所在地 ,也是关西经济圈的能源供应基地  。
 
注释 
  
1.越前(えちぜん):福井県中部の市  。もと越前国府の所在地で、明治2年(1869)まで府中といった  。羽二重(はぶたえ)や越前鎌などの打出物の伝統技術がのこる  。平成17年(2005)10月、武生(たけふ)市と今立町が合併して成立  。人口8.8万  。

2.若狭(わかさ):旧国名の一  。北陸道に属し、現在の福井県南西部にあたる  。若州(じゃくしゅう)  。

喜欢这个节目吗?欢迎订阅!